がん保険を再度確認しましょう

がん保険に加入しているので、万が一がんになっても備えは万全だと思っている人はもう一度自分が加入している内容を再確認することをお勧めします。何故なら、がんになって手術や入院をする際、保障がおりない場合があるのです。特にかなり前に加入した人は要注意です。その例の代表的なのが、上皮内がんです。このがんは上皮内にとどまってって他の細胞に浸潤しない事から、転移する事もないがんです。以前のがん保障の商品はこのがんを含まない場合が大多数でしたが、現在の商品にはこのがんも含まれる場合が多いです。このように契約によっては支払対象になるならないがあるのでもう一度自分の保険を確認しましょう。

がん保険に入ったからといって安心していてはいけません。自分の契約内容やどういった病気のときに保障がおりるのかをしっかりと認識しておくべきです。契約書の内容を確認してみると、入院が一時金支払いの前提となっているものもあり、通院では全く一時金がもらえない場合もあります。また、がん保障では、せっかく加入していても対象となる手術などに該当しなければ、一時金が出ない場合があります。注意するべきなのは、どのようながんになったら一時金が支給されるのか確認するべきです。月額保険料が安いというだけで選んでしまうと思わぬ落とし穴が待っています。

動画、DVDの再生は、みんなのGOMPLAYERで