がん保険の加入期間について

がん保険には契約の際、種類がいくつかあります。これは大きくわけると終身型と10年や20年などの定期型に分けられます。終身型のメリットは文字通り生涯にわたっての保証が受けられるものです。これであればどの時期にがんになっても心配はいりませんが、少し掛け金が割高になるのが難点です。逆に定期型のがん保険であれば、一般的に掛け金が終身タイプより割安になります。ご自身のリスクに沿ったプラン選びが大前提ですが、この2種類のどちらを選ぶかは金銭的な問題も絡んできますので支払いが滞らずにすむようなものを選びたいものです。

がんは以前と違い治る可能性も随分と高くなっています。そのため保険も死亡ではなく治療に対する保障内容が充実したものが増えて来ました。しかし、中にはどうしようもなく余命の宣告を受ける場合もあるでしょう。知り合いのお医者さんは、これを幸せなことだと言いました。疑問に思い理由を尋ねた所「余命がわかれば残りを悔いのないように使いきれるから」とおっしゃいました。自分の趣味、家族との時間、身辺整理など…たしかにそうかもしれません。しかしその有意義な時間作りには、しっかりとした保障内容のがん保険に加入していてこそだと思うのです。